能登は日本の宝だから!今年もやります『能登コメ会議』プロジェクト

昨年の能登コメ会議の詳細はこちらから!CLICK!

「能登で稲刈り体験!美味しいコメ料理&温泉つきの能登コメツアー開催!!」
「マチナカに天空農園!稲刈りもできるってホントですか?!」
「タテマチ大学にお米のマジシャンがついに登場!?」
3つのテーマでおいしいお米が育まれる里山の魅力や農家のこだわりについて学びます。

第1弾9/22(日)10:00〜15:30 参加費700円(昼食代) 定員20名

「能登で稲刈り体験!美味しいコメ料理&温泉つきの能登コメツアー開催!!」

”はざ干し”って?”神おくり”って?能登のお米と食文化を学ぼう講座

<先生>
西尾勉 先生(中島町西谷内地区専業農家)
宮田也寸子 先生(七尾市文化財保護審議委員)

西尾勉先生 宮田也寸子先生

能登コメ会議2013の第1弾は能登の里山への出張授業!
七尾市中島町釶打(なだうち)地区へおじゃまして稲刈り体験と語り部による食文化講座の二部構成です。フィニッシュは温泉で汗を流してスッキリ!みんな仲良くバスに乗って小旅行気分で参りましょう~♪ 農家の方々がどんな想いでお米を作っているかを学ぶと、お米をもっと美味しくいただけるようになるかも!?


<午前の部>
夏の終わりを告げるかのように実り、収穫を待っている稲穂たち。農家のみなさんが自然と向き合いながら丹精を込めた結晶です。午前の部では地元農家の西尾さんにご指導いただきながらの稲刈り体験です。長靴はいてカマをもったら準備完了!手刈りした稲穂は奥能登の風物詩「はざ干し」で仕上げます!ひと仕事した後は、古くから稲刈り時に食べられている田舎料理をいただきます!シンプルだけど絶品ですよ!


<午後の部>
午後の授業は地元の語り部の宮田さんに担当いただきます。季節ごとの行事とお米の関係、お米の品種の移り変わりなど、お米にまつわる地域の食文化についてお聞きしましょう。小学校の先生として36年間にわたって活躍してきた先生の語りは誰もが引きこまれてしまうとか!?普段なかなか聞くことのできないお話がたくさん。お聞きのがしなく!

ページトップ

第2弾9/28(土)12:00〜13:00 参加費:無料 定員30名

「農家さん!お米には神が宿るってホントですか?」

おにぎりをいっしょにつくって食べて、お米づくりを学ぶ講座


<先生>
長瀬清隆 先生(有限会社ながせ・羽咋市)
松本明 先生(一般社団法人松本塾・宮城県石巻市)
蔭田雅史 先生(羽咋農林事務所・羽咋市)

エムザの屋上に農園があるってホント!?能登コメ会議の第二弾は「農家」を学びましょう。お米の銘柄がたくさんあるように、実はお米作りには色々な方法があります。どれも一長一短ではありますが、丹精込めてお米をつくられています。今回は農家さんのこだわりをお聞きしながら、収穫されたばかりのピカピカのお米をつかっておにぎりワークショップも開催します!教室はナント!金沢市武蔵のエムザ9F屋上の天空農園「エコファーム」です。マチナカに農園があったなんてビックリ!お米づくりを学べば、明日からのお米をもっと美味しくいただけるはず。是非親子でご参加ください♪

ページトップ

第3弾1/11(土)14:00〜15:30 参加費:無料 定員30名

「タテマチ大学にお米のマジシャンがついに登場!?」

お米が七変化!餅つき体験&甘酒づくり&農業6次化講座


<先生>
川原伸章 先生(川原農産 専務・輪島市)
小紺有花 先生(麹料理研究家・金沢市)

お米といえば炊いた「ご飯」が真っ先に思い浮かびますよね?このお米。「加工」という魔法をかけると、いろんなものに変身するんですよ。身近なところでいえば、お餅、おはぎ、かき餅、おこわ。日本酒や甘酒などの飲物や、米粉を利用したクッキーやパンにも姿を変えちゃいます。能登コメ会議 2013第3弾では、このお米の「加工」を学びましょう!川原農産の川原先生には、お米づくりのお話、各種加工品の開発、流通にのせるための工夫について。麹料理研究家の小紺先生には、米麹を使った甘酒づくりを教えてもらっちゃいましょう!餅つき体験もありますよ!

ページトップ

<主催>石川県NPO金沢マチナカ大学/タテマチ大学
<後援>北國新聞社
<問い合わせ>NPO金沢マチナカ大学/タテマチ大学 info@tatemachidaigaku.jp